Unity 3Dでスケールをあわせてみたよ

 Unityで X=1 Y=1 Z=1 のunityスケールでプリミティブBOXを作成して
外部3Dソフトで作成したオブジェクトを ぴったり合わせるには
どういったサイズで作成すればいいんだろう? という試みです。

 手元でテストしたのは、3dsMax2012 と Lightwave10.1 です。
共にFBX形式の出力で、できるだけ出力オプションのデフォルトスケール値にて合わせることができるサイズを探しました。

●Lightwave10.1ではモデラー・レイアウトどちらでもFBX出力できますが、モデラーのFBX出力はダメダメなので、必ずレイアウトで出力しましょう。

出力オプションは↓のとおり。
スケールはデフォルトの設定のまま0.01です。
画像



この場合 Lightwaveにて「100m」で一致するようです。

●3dsMax2012では、単位自動で出力します。
画像


この場合 3dsMaxにて「100㌢」で一致しました。
画像


もし1unityスケールを1㌢とした場合
1m60㌢のヒトガタモデルを作成しようとすると、160x100㌢ですので16000㌢で出力→160のunityスケールで表示されます。
ですが、実際に表示してみると unityスケール160はあまりにも巨大で操作しずらいです。

そこでUnity公式サイトで配布している 「BootCamp」に登場するソルジャーを参考に、サイズを測ってみました。
ソルジャーのスケールは、およそ1.8unityスケール。
おそらく1m80㌢くらいの人物を想定しているのでしょう。

これを参考に考えてみると、3dsMaxにて180㌢で人物を作成すれば 1.8unityスケールの人物となり
適度な大きさになるのではないでしょうか。
画像

結論:
どうやら、Maxで出力する場合は100㌢=1メートル=1unityスケールで妥当っぽいですね。
あれ!? なんだかごく当たり前の結果になってしまいました…。
うおー…時間かけてテストしたのに、なんなんだー。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • プラダ 財布

    Excerpt: Unity 3Dでスケールをあわせてみたよ 3D Notes/ウェブリブログ Weblog: プラダ 財布 racked: 2013-07-07 16:33